『www.ファイテンネックレス.net』運営者情報

最近ドラッグストアなんかで目にするのがファイテンネックレスの「RAKUWA磁気チタンネックレス」。

道端カレンさんがピンクのものを身につけたPOPが可愛いですね。

この「RAKUWA磁気チタンネックレス」は、紐にチタンが塗り込まれていて紐全体から磁気が放出されるんです。

それが、首・肩のコリに効くんですよ。

色はシックなブラック、ラブリーなブルー、今年の流行色のイエロー、そして可愛いピンクの4色が揃っています。

ただし、購入はドラッグストアのみなんだそうですよ。

・・・・・・どうりで、WEBショップにないはずですね。 あと、100均。

コチラも私はよく利用します。

でも最近はそんなに安く感じないんですよね。

当時、円高と世界の工場と呼ばれてた中国の成長を追い風に定着したのが100均でした。

今年4月の消費増税後は消費の二極化が進みました。

節約志向の高い人には人気なので旺盛な出店計画があるようですが、生き残り競争の色合いも濃くなってきているんですって。

理由は、100均ショップが売りにしてきた安さの優位性が落ちてきているからです。

デフレ後はスーパーやドラッグストア、生活雑貨チェーンなどが低価格商品を多数打ちだし、100均より安い商品は珍しくなくなったからです。

例えば「コカ・コーラ」など500ミリリットル入りメーカーブランドの飲料は大手スーパーでは1本100円未満で手に入るようになりました。

スーパーのPB(プライベートブランド=自主企画)では70円台の商品も増えています。

97年の消費増税後、大創産業が1日に1店以上のハイペースで出店していたころと比べると、各社の足元の出店計画は大きく見劣りしますね。

セリアの河合映治社長も「低価格志向は終わり、欲しいモノしか買わない時代になっている」と指摘しています。

同社は100円ショップの中でもキャラクター商品への取り組みで先行。

「妖怪ウォッチ」やディズニーなどを使った商品が既存店売上高のプラスを支えています。

100円という限られた条件の中でさらなるバリューアップが欠かせない状況なのです。

生産拠点の中国の人件費が上昇し、為替相場も90年代に比べると円安傾向にあります。

仕入れ価格の抑制は難しく、今の出店計画はスケールメリットを追求する側面もあります。

売れる100円と売れない100円の格差が今後広がりそうですね。

そのうちファイテンのチタンネックレスも100均に並ぶ日があるといいんですが・・・・・


『www.ファイテンネックレス.net』運営者:Ami☆
E-mail:news1962online★yahoo.co.jp
※最近迷惑防止のため★を@の小文字に変更して下さい
住所:東京都世田谷区

ファイテンネックレスの【超お買い得】な情報のトップページへ